あと施工アンカー  不良品ゼロへ サイトマップ
株式会社大阪ファスニング ロゴマーク
トップページへ戻ります TOP   株式会社大阪ファスニング 会社概要へ 会社概要    株式会社大阪ファスニング 製品用途へ 製品用途    株式会社大阪ファスニング 不良品ゼロへの取組 不良品ゼロへ
株式会社大阪ファスニング 業務実績へ 業務実績   個人情報保護方針 個人情報保護方針   ご利用規程 ご利用規程


株式会社大阪ファスニング 『トリオン』のご紹介  株式会社大阪ファスニング 『Jトリオン』のご紹介  株式会社大阪ファスニング 『サンビーム』のご紹介  株式会社大阪ファスニング 『サンネイル』のご紹介 
株式会社大阪ファスニング 『オートエバーキャッチ』のご紹介 株式会社大阪ファスニング 『エバーキャッチ』のご紹介 株式会社大阪ファスニング 『キャッチアンカー』のご紹介 株式会社大阪ファスニング 『ツイングス』のご紹介 

不良品ゼロへ




不良品を100%なくすこと。製品化の最終工程が不良品のチェックともいえます。
機械が作業するにしても、人間が作業をするにしても、完璧100%を永遠にという
ことは難しいことです。
不良品をなくすための作業工程の見直しやチェック体制は当然のことです。
大事なことは不良品が出た時に、それをお客様へ渡るのを防ぐこと。
これであれば、不良品を完璧に100%なくすということは可能になります。

☆不良品ゼロへの具体的な体制創り☆
まずは人為的なミスを防ぐ体制。
加工で使用する機械のメンテナンスの徹底
スタッフ間の連携を徹底し、万が一不良品が出た時に、それを確実にはねのけて、
お客様へ渡るのを防ぐための作業チェック工程。
生産性を上げつつも、その日に発生した問題の対策はその場で解決していくグループ体制。
同じような問題が発生する場合は全社的に解決に取り組み、改善を実現します。

私どもにとって、10万個に1個の不良品であっても、それがお客様に渡ってしまうと

受け取ったお客様にとっては、1個がすべてなのです。ですから当たり前のことですが、

たった1個の不良品も出荷されることは許されないという気構えをもって、
大阪ファスニングでは全社的に取り組んでいます。

Copyright (C) 2012 osaka-fastenning inc. All Rights Reserved.
Head Office:2-15-10 imagawa higashisumiyosi-ku, Osaka-shi, Osaka TEL:06-6701-2011 FAX:06-6701-2017